メニュー

高血圧症の治療

2019年に高血圧治療ガイドラインが改訂されました。

新しいガイドラインでの高血圧の基準値は、診察室血圧が140/90mmHg、家庭血圧が135/85mmHgですが、降圧目標(どれぐらい下げればいいのか、、、)は強化され  130/80mmHg未満となりました。

高血圧の患者さんは、塩分摂取量の改善や禁煙といった生活習慣の修正を行い、必要に応じて降圧薬治療を開始することが推奨されました。

健康診断で指摘された患者様は是非ご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME