メニュー

巻き爪 陥入爪の治療

巻き爪とは、足の爪の両端の先端部が、強く内側に湾曲した状態を言います。 

陥入爪(かんにゅうそう)とは、巻き爪や深爪のため、爪が周囲の皮膚や組織に食い込んでしまい、疼痛、炎症、二次感染を引き起こした状態です。突き刺さった爪を切れば、一時的には痛みが無くなります。しかし、また生えてきますので同じことの繰り返しとなります。

痛みがある場合は治療をします。

①テーピング法 

軽症の場合に行います。食い込んだ皮膚を布テープで外側に牽引します。2-3日毎にテープを交換します。2-4週間で終了します。

 

②コットン法 

軽~中症の場合に行います。食い込んだ爪と皮膚との間にガーゼを詰め込みます。2-3日毎にガーゼ交換します。2-4週間で終了します。

 

③ガター法 

上記①②では改善の見込みがない中~重症の場合に行います。局所麻酔をし、食い込んだ爪と皮膚との間にチューブを挿入し固定します。手術後1-2日で速やかに痛みはなくなります。チューブは糸か医療用テープ、アロンアルファで固定していますのでシャワー浴可です。

 

④フェノール法 

重症の場合に行います。局所麻酔をし、食い込んだ爪や巻爪の端の部分を細く切除します。切除後、切除した部分の爪が生えてこないように、フェノール液で腐食します。術後1-2週間は定期的な通院が必要です。

 

巻き爪、陥入爪はすぐに治るものではないため根気よく治療する事が大切です。決して治療法を押し付けるわけではなく、患者さんと相談しご理解いただいたうえで治療を進めてまいります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME